沿革

1909年(明治42年)
松田式喞筒合資会社を設立し、専売特許松田式ポンプの製造を行う
1934年(昭和9年)
株式会社帝国機械製作所を設立
1936年(昭和11年)
現本社(大阪市西淀川区)の地に工場を建設し、移転
1944年(昭和19年)
海軍省及び軍需省管理工場の指定を受ける
1965年(昭和40年)
英 HAMWORTHY ENGINEERING LTD.よりDOLPHIN渦巻きポンプ製造技術を導入
1966年(昭和41年)
東京営業所を開設
1967年(昭和42年)
英 HAMWORTHY ENGINEERING LTD.より空気圧縮機の製造に関する技術を導入
1969年(昭和44年)
原子力発電用一次系ポンプの納入(関西電力 美浜発電所)
1970年(昭和45年)
LPGカーゴポンプを納入
1977年(昭和52年)
バイナリーサイクル地熱発電用ポンプを納入(九州電力、大岳発電所)
1979年(昭和54年)
海水淡水化プラント用大型ポンプを納入(サウジアラビア)
1980年(昭和55年)
高効率可逆転ポンプ納入(省エネルギー船)
1983年(昭和58年)
低落差ミニ発電用クロスフロー水車の開発
1986年(昭和61年)
低振動、低雑音ポンプの開発
1990年(平成2年)
溶融硫黄ポンプを納入
1992年(平成4年)
松阪工場を新設、一部稼動、生産増強を計る
水車ヒートポンプシステムを納入(兵庫県波賀町サイクリングセンター)
1993年(平成5年)
ヨット海洋発電システムの開発(シップ&オーシャン財団 補助研究)
1996年(平成8年)
松阪工場に工場を全面移動する
1999年(平成11年)
LRQA ISO 9001 の工場認証を取得
DNV 船級協会の認定を取得
2000年(平成12年)
LR船級協会の認定を取得
NK船級協会の認定を取得
2006年(平成18年)
KR船級協会の認定を取得
2007年(平成19年)
南極観測艦「2代目 しらせ」にヒーリングポンプをはじめ、多数のポンプ納入
2009年(平成21年)
創業100周年を迎える
2011年(平成23年)
高効率ポンプ250TVD-F機を完成
2012年(平成24年)
エコステージ(ステージ2)認証取得
2013年(平成25年)
高吸込自吸式ポンプMPKを開発
立型自吸式ポンプPVを開発
2016年(平成28年)
ABS船級協会の認定を取得

ページトップへ